特殊清掃という仕事に向き不向きはありますか?

特殊清掃は、仕方がないから就く仕事というような軽い仕事ではありません。

プロとして、メンタル面で自立できる耐力が大事です。

再考してみましょう。

・特殊清掃を軽くみないことが大事。

アドバイスがあるとすれば、特殊清掃の仕事を軽くみないことです。

特殊清掃は人の嫌がる仕事ですが、自分がこの仕事に就いて、家族や友人に堂々と公言できるのであれば、やっていける仕事だと思います。

慣れるまでには時間がかかります。

単なるハウスクリーニングや遺品整理とはわけが違うので、そこの割り切りと自分なりの受け止め方が必要になります。

・軽い気持ちでは最初の現場でつまずく。

後ろめたい、恥ずかしい、金のために我慢という気持ちだけでは、たぶん長続きしません。

「他に仕事が見つからないから」という理由で特殊清掃に就く人は、最初の現場で帰路に立たされます。

血糊、血痕、肉片もあります。

ウジ虫が湧いていたり、浴槽に皮膚の剥がれ出た痕が数センチの層になっていたりすることもあります。

そういう状況に耐えて、黙々と原状回復に向けた作業ができるかです。

こちらの記事も参考にどうぞ⇒https://allabout.co.jp/gm/gc/386830/2/

・性格で特殊清掃の向き不向きが決まるというより、忍耐力と割り切り、やり甲斐がもてるかです。

特殊清掃は、ハウスクリーニングに入る前段階が大事な仕事。

悪臭・腐敗臭との闘い、近隣からの苦情にも対応しなければならないプレッシャーがあります。

普通より給料や報酬はいいですが、職業としたいなら長続きできるようにメンタルを鍛えましょう。

コメントは受け付けていません。